04. てがみコネクション【バックナンバー】

【Letter Vol.354】ネガティブ営業…なのか?

こんにちは。中川綾です。



先日、母が携帯の機種変更をしたい、というので付き合いました。



母が買おうと思った機種は、最近巷で大人気なもので、母自身も、



「使ってみたいけれど、自分に使えるだろうか」



という不安な気持ちを持っていたので、



「まぁまぁ、とりあえず話を聞いてみればいいじゃない。」



と、お店に出向きました。



ところが、

担当してくれた店員さんが、これまたリスクマネジメントの

ほんとーーーーーに高い方でした。





「現在の料金よりも基本料金が4千円は上がってしまいます。」

「壊れても、保障はありません。」

「使ってみて、やっぱりやめよう、となれば、5万円程度払っていただくことになります。」

「今ならキャンペーン中で安くなりますが、

 早めにお申込頂かないと機種がなくなってしまうかもしれません。」



こういう、『問題が起きる可能性』ばかりを延々と話し続けるのです。



確かに、大切なことだし、事前に知っておかなければならないことですが、

もともと不安に思っていた母の顔が、

どんどん曇っていくのが分かります。



何だか、

『あなたにこの機種を使うのは無理です。やめた方がいいですよ。』

と言われているような気分になってくるんです。

(冗談じゃなく。)



あんまりなので、思わず私が、



「お姉さん。ちょっとネガティブな話ばかりですね・・・」



と言うと



『でも!本当に、そうなんです!!冗談でなく!!』



と返ってきました。



いや、嘘だとは言ってませんよ。。。

(むしろ、もう少し冗談でも言って欲しい・・・)





ということで、とりあえずその場は購入することをやめて、

母とお茶をしました。



「なんか、もう、やめようかしら。買うな、って言われているような気がしたわ。」



という母に、迷うならやめた方がいいのかなぁ、と思いつつも、

やはり、あの店員さんのネガティブ営業がとても気になる私がいました。



「何か失敗したこととか、クレームを受けたこととかあるんじゃない?

もしかして、お母さんがクレーマー予備軍だと思われたとか!笑」



などと笑って過ごしました。



加えて、実は、母が欲しがっている機種は私も使っているので、

私が母の目の前でそれでメールを打ったりしていると、



「それって、電話がかかってくると、どんな音がするの?」

とか

「ちょっと、あのサイト見せて。」

などと、あれやこれや聞いてきます。



はいはい、と少し呆れながらも対応していると、



「やっぱりおもしろいわねぇ〜」



と母が言いました。2回も。笑





「買っちゃえばいいじゃん。使えばどうにかなるよ。(多分)」

「そうね。買っちゃおうか。」



ということで、再び来店。

また同じ店員さんで、ネガティブ営業を受けましたが、

今度は負けずに買い切りました!



結局、あの時の母が知りたかったことは、

「起こりうる問題」よりも、「この機種でできること」だったんだということが

今になれば分かります。



「何ができるのか分からないけれど、なんだかおもしろそう!」

と思った母の、期待と不安をあの店員さんが読みとれたか、というと

少し難しかったかもしれないですね。。。



マニュアル通りだったのか、はたまたそういう性格の方なのか、

それは分かりませんが、今回は少し合わなかった、というだけの

ことなのかもな、とも思いました。



いやぁ。。。ネガティブ営業、なんて言っちゃいけませんね。



リスクもメリットも両方知って、初めて判断できるのでしょうから。





今や母も、新しい携帯ライフを楽しんでいます。

早速愛犬の写真を撮って送ってきてくれました。





それではまた来週です!





ナカガワ



<< | 2/357PAGES | >>
このページの先頭へ